2014年03月14日

2002年当時弊社が輸入していたモトグッチ.マーニ.GGの総合カタログです。

img-314110950-0001.jpg
2002年当時弊社が輸入元として販売していたモトグッチ.マーニ.GGの総合カタログです。
おそらく2002年3月開催の東京モーターサイクルショーに間に合わせて作られたものです。
折り畳みA4版の見開き3ページで合計6ページのカタログです。
2ページ以降は次のページでご覧いただけます。
2ページ以降はこちらでご覧いただけます。
posted by FMC BLOGAdmin at 19:03| 色々な車輌カタログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月10日

02月09日 貸し出ししていたBMWのカタログが久しぶりに帰ってきました。最終回

1982_BMW_FULL_L (4).jpg
画像をクリックすると3310X2340のサイズでご覧いただけます。

1982年3月に日本で製作されたBMWモーターサイクルのフルラインナップカタログです。
今回が1982年版BMWフルライン総合カタログの最終回です。
同時期には他のカタログもありましたのでそう遠くないときにご紹介します。
今回はR80G/S.R65.R45の紹介ページになります。R80STはどうしたと思った方はさすがです。
R65.R45は1978年、R80G/Sは1980年からの生産でしたが、R80STは1982年の生産です。
ですからカタログを作り始めた時はまだ日本導入計画が立っていなかったのではないかと思います。
R45はとても珍しい車輌の一つです。弊社では新・中合わせて2台の販売記録しかありません。
posted by FMC BLOGAdmin at 18:56| 色々な車輌カタログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月09日

貸し出ししていたBMWのカタログが久しぶりに帰ってきました。

1982_BMW_FULL_L (3).jpg
画像をクリックすると3310X2340のサイズでご覧いただけます。

1982年3月に日本で製作されたBMWモーターサイクルのフルラインナップカタログです。
三回目の今日は三度めくった時のページを画像にしました。
このページはR100シリーズです。日本作成のカタログですが、車輌は日本仕様ではありません。
日本仕様ではパイプ式のエンジンガードが標準装備でしたが、画ではガード非装着です。
また、前ホイルを注意深く見るとリコール対策前のリブ無しホイルが装着されています。
文章を読むとこの当時からすでにアスベスト未使用のブレーキパッドを使っているようです。
この旧Rシリーズの「色々な車輌カタログ」シリーズは明日が最終回となります。
posted by FMC BLOGAdmin at 18:38| 色々な車輌カタログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月08日

貸し出ししていたBMWのカタログが久しぶりに帰ってきました。

1982_BMW_FULL_L (2).jpg
画像をクリックすると3310X2340のサイズでご覧いただけます。

1982年3月に日本で製作されたBMWモーターサイクルのフルラインナップカタログです。
二回目の今日は表紙をめくった時のページ左右を画像にしました。
前回続く「色々な車輌カタログ」シリーズはあと二日間続く予定です。
画像右側の車輌はR65LSです。かぶっているヘルメットはシステムヘルメット2、
R65シリーズは小型な専用車体のため大柄なライダーが更に大きく見えています!
posted by FMC BLOGAdmin at 19:31| 色々な車輌カタログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月07日

貸し出ししていたBMWのカタログが久しぶりに帰ってきました。

1982_BMW_FULL_L (1).jpg

1982年3月に日本で製作されたBMWモーターサイクルのフルラインナップカタログです。
内容はR100RS.R100RT.R100CS.R100.R80G/S.R65LS.R65.R45の8モデルです。
1面がA4サイズで表紙から裏表紙まで含めて合計8面構成のカタログになっています。
今日は表紙と裏表紙を掲載いたします。画像をクリックすると3310X2340でご覧いただけます。
明日はカタログ内部の画像を掲載する予定です。
posted by FMC BLOGAdmin at 19:16| 色々な車輌カタログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月20日

モトグッチ.1100SPORTと1000DAYTONA掲載のパンフレット発見。

MOTOGUZZI.JPG

1994年前半に発売され、今ではほぼ見かけなくなってしまった1100SPORTのパンフレットです。
発売時の価格は、新型シリーズの導入ということで超お買い得な110万円という価格設定でした。
確か発売当初3ヶ月の間にご注文された方だけに適用する価格設定でしたが、
その3ヶ月の間に1年を超える分のご注文をいただいてしまったことが思い出されます。
キャンペーン価格は、当時の福田社長(現会長)が1100だから110万円という発想からでした。
本当です、とってもおおらかな時代でした。
posted by FMC BLOGAdmin at 19:47| 色々な車輌カタログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月26日

モトグッチ.V10チェンタウロのパンフレットを見つけました。

V10CENTAURO.JPG

一年ぶりに「車輌のカタログ」シリーズの登場です。今回はモトグッチ.V10 CENTAUROです。
発売前の海外を含めた各メディアの前評判はモトグッチとは思えぬほどの過熱ぶりでしたが、
ひとたび発売されるとおもいっきり持ち上げられていたために落差は相当なものでした。
パワーもそこそこ出ていて、他社にはないデザインの車輌でしたが、不思議な乗車姿勢で
かつ、各メディアが口を揃えて「丸太のまたがったような...」という辛口評価でした。
それでも、当時のタミヤ模型の社長が気に入ってチェンタウロのプラモデルが作られたほどです。
ちなみにプラモデルのナンバープレートは弊社の試乗車の番号でした。
V10 CENTAURO.jpg     V10CENTAURO_.jpg
posted by FMC BLOGAdmin at 19:02| 色々な車輌カタログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月25日

ジレラ サトゥルーノ・アニバーサリー仕様のカタログを発見しました。

GILERA SATURNO.JPG

ジレラ サトゥルーノ アニバーサリーの大型カタログを見つけました。
見開きB3の大きさだったので、見開きページは上部と左側が切れてしまいました。
アニバーサリーモデルとは、外装部品を12色の特別な色から選べるというものでした。
イタリアで塗装したものではなく、きれいに仕上げるため日本での塗装でした。
その当時輸入元の「伊藤忠商事」のジレラプロジェクトチームが企画・実行したモデルです。
で、弊社が発売元として取り扱っていました。

GILERA SATURNO_1.JPG GILERA SATURNO_3.JPG GILERA SATURNO_2.JPG
posted by FMC BLOGAdmin at 20:05| 色々な車輌カタログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月19日

モトグッチ 少しだけ昔のカリフォルニアEVのカタログです。

CALIFORNIA EV_0.JPG

昔々、でもそんなに昔ではない20世紀のある年に輸入販売されていたカリフォルニアEVです。
ご覧の通りクルーザータイプのモデルで、これをベースに“EV80”と“ビンテージ”が造られ、
兄弟車で“ジャッカル”、“スペシャル”、“チタニウム”等がありました。
EVは、チューブレススポークホイル、インジェクション、ボードタイプのステップが特徴です。
サイドカバーとフレームヘッドカバーは樹脂部品ですが、前後フェンダーはスチール製です。
現行では“California-classic”(画像右側・日本未導入車)という名前で生産されています。
CALIFORNIA EV_1.JPG CALIFORNIA EV_2.JPG CALIFORNIA EV_3.JPG
posted by FMC BLOGAdmin at 19:25| 色々な車輌カタログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月02日

モトグッチ カタログ ルマン1000 1989年

img-202200039-0001S.JPG

1989年に弊社がモトグッチの日本総輸入発売元になったときに作ったカタログです。
当時は1000 SP3.カリフォルニア3.ルマン1000.1000GT.750NTX.V40タルガ
というモデルを輸入いたしました。代表的な1000Sは1990年になってからです。
このルマン1000は1,250,000円、ドゥカティ851ストラーダが2,080,000円の時代です。
20年以上経っていてもしっかりしたデザインです。
大きなカタログはこちらにあります。
posted by FMC BLOGAdmin at 21:18| 色々な車輌カタログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする