2016年02月07日

バイクの血液、エンジンオイルについて


P2070589.jpg
本日は弊社でお取り扱いしております、エンジンオイルについてのご案内です。

まず弊社では色々な外車メーカーの車輌をお取り扱いしており、それぞれの指定オイルを在庫しております。

P2070590.jpg
▲BMW Motorrad 純正エンジンオイル
SHELL ADVANTEC Pro 15W-50
SHELL ADVANTEC Ultimate 5W-40

P2070594.jpg
▲MOTOGUZZI&MV-AGUSTA 推奨エンジンオイル
MOTUL 300V FACTORY LINE 各粘度
MOTUL 5100 4T 10W-50

P2070598.jpg
▲BRP CAN-AM SPYDER 純正エンジンオイル
XPS 4 SYNTHETIC BLEND 5W-40

オイルメーカーによっても様々な特徴が有りますが、メーカー指定のオイルは、それに合った車輌の作り方や、オイル自体をメーカー専用で作っている場合もございますので、純正はベストな選択とも言えます。

●オイルの粘度はSAE(※アメリカ自動車技術者協会)が定めた規格に準拠しており、上記オイルでもいくつかの粘度指数が使われております。

標記は≪5W-40≫のような形となっており、5Wは低温粘度指数、40は高温粘度指数の標記になります。
寒い時期や温かい時期、エンジン温度の低温、高温などの際に様々な影響がある部分ですが、現在作られているオイルは優秀なので、基本的には通年通してご使用して頂いて大丈夫です(※サーキット走行などの高負荷がかかる環境では、当てはまらない場合もございます)

●その他の特徴では、オイルの元になる原油からの精製方法の違いで、鉱物油、化学合成油(※さらに部分科学合成と100%化学合成という違いもあります)があり、現在主流で使われているのは化学合成油となります。

鉱物油は昔からあるオイルですが、原油を「蒸留」などの精製過程を踏んで市販されているオイルの元となるベースを作る方法です。
この方法でも、製造過程に不純物などは取り除いて精製されますが、完全には取り除かれず、分子構造まで遡りますと、品質にバラつきがあります。

化学合成油は基本的には上記の精製と同じ過程となりますが、精製をさらに時間をかけて行い、分子構造などを均一に整えた手間のかかる製造方法となっております。
性能は化学合成油が上回っており、現在のバイクメーカーは化学合成油を指定しているものがほとんどです。

ベースとなるオイルに、各オイルメーカーが試行錯誤した添加剤を加えることによって、エンジンオイルは作られており、残念ながら、添加剤に関してはメーカーの極秘となっておりますので、弊社にも詳しいことは不明となっております。

オイルが劣化すると、分子がせん断され、水のようになっていきます。
P2070594 (2).jpg

弊社では、3000Km毎に交換をオススメしております。
ぜひ、これからツーリングの為に、早めの交換をご検討下さい。

気になる事がございましたら、サービスフロントの大津もしくは西田、常木まで!お電話、メールをお願い致します。
TEL.03-3630-9751
service_front@fukuda-motors.co.jp
****************************************************************
2月から春のツーリングキャンペーンと題しまして、タイヤ&ドライブチェーン&バッテリーの割引サービスを行っております。
詳しくは下記のブログ記事をご覧ください。
http://blog.fukuda-motors.co.jp/article/433403296.html
****************************************************************
posted by fukuda-motors at 16:56| サービス&フロント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月06日

エンジン内部の洗浄にはフューエルプロがおすすめです!!

2月も比較的過ごしやすい天気が続いており、絶好のツーリング日和となっております。
花粉症の方は、ぜひ今の機会にバイクを楽しんでください。

P2060592.jpg

2009年に導入しました、カーボンクリーナー、【フューエルプロ】のご紹介です。
http://blog.fukuda-motors.co.jp/article/115242202.html (※こちらが過去にご紹介した記事です)
上記画像を見てもお分かりかと思いますが、かなり年季が出てきておりまして、今現在もご好評を頂いております。

ガソリンなどを用いた内燃機関を使用したエンジンは、どうしてもカーボン(スス)が発生してしまいます。
カーボンが堆積していきますと、エンジン内部を傷つけてしまったり、圧力を逃がす弁の役割をしているヘッドバルブに挟まり、圧縮圧力が低下してしまったりと色々な事があります。
(※BMWのボクサーエンジンなどはこのカーボンの付着により異音が発生することもございます)

こういった熱が強く加わったものは硬化してしまい、一度張り付いてしまうと容易には剥がせず、除去するにはある程度エンジンを分解する必要がある為、ほとんどの方はそのまま妥協してしまいます。

そういう場合に強力な効果を発揮するのが【フューエルプロ】です。
P2060595.jpg
専用の薬液を使用し、ガソリンと混ぜてエンジンを始動することにより、薬液がカーボンに浸透します。

P2060593.jpg
P2060600.jpg
インジェクション車、キャブレター車どちらにも使用でき、インジェクション車には【フューエルプロ】の専用圧送ポンプがありますので、フューエルラインを別に接続して薬液を送り込みます。

P2060601.jpg
ポンプに接続したまま、20分ほどエンジンをかけ続け(※エンジンが熱くなりすぎないように、巨大な扇風機を回します)じっくりと薬液を染み込ませます。

P2060633.jpg
じっくり染み込みサイレンサーから出る煙が白くなってきましたら、十分に浸透していますので、【フューエルプロ】の接続を外し、弊社スタッフのテスト走行にてある程度カーボンを飛ばしてきます。
(※上記の薬液は、エンジン内では燃焼せずに、カーボンに浸透するものとなっております。浸透したカーボンは軟化する為、剥がれやすくなり、エンジンに負荷をかける事により排出してあげます)。

その後はご納車となりますので、おおよそ50Km程の走行(※弊社テスト走行では飛ばしきれなかったカーボンもございますので)お願い致します。

料金はフューエルプロ施工費用で15,000円(税別)となっております。
その他、カウルの脱着を伴う場合(※定期点検と一緒に作業を行う場合は無償になります)や、プラグ交換(※カーボンの付着が多くなりますので基本的には交換作業させて頂ければと思います)、オイル交換をご希望の方は車種にも寄って金額が変わりますので、ご相談ください。

以上、【フューエルプロ】のご紹介でした。
気になる事がございましたら、サービスフロントの大津もしくは西田、常木まで!お電話、メールをお願い致します。
TEL.03-3630-9751
service_front@fukuda-motors.co.jp
****************************************************************
2月から春のツーリングキャンペーンと題しまして、タイヤ&ドライブチェーン&バッテリーの割引サービスを行っております。
詳しくは下記のブログ記事をご覧ください。
http://blog.fukuda-motors.co.jp/article/433403296.html
****************************************************************
posted by fukuda-motors at 16:22| サービス&フロント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月05日

エアモニバイクのご紹介

日頃、福田モーター商会をご愛顧下さり、誠にありがとうございます。

P2050579.jpg

今回、便利なアイテム、バイク用のタイヤエアーモニター【エアモニ バイク】のご紹介をさせて頂きます。

弊社ではご来店頂いた際にお話頂ければ、空気圧の調整など無償で行っております。
ただ、現在どのくらいの空気圧なのかエアゲージなどで確認する必要がありますので、全然気になさらないまま、タイヤが大きく撓んでお乗り頂いているお客様もいらっしゃいます。
燃費にも大きく影響しますので、そういった経験がある方に、特におすすめなのが空気圧モニターです。

P2050590.jpg

こちらの製品は簡単に取付け可能となっており、モニター自体はハンドルバークランプ、もしくは両面テープによる接着となっております。
(※上記は商品に付属しており、ベルクロによるアタッチメントもアクセサリー商品として販売されております)

P2050592.jpg
P2050593.jpg

センサーはエアバルブキャップに内蔵されているので、付け替えることにより、作業は終了です。
これだけですぐに空気圧が読み取るように出来るので、お手軽に取外しが可能となっております。

ただ、残念ながらお取付できない車両もございます。

● 取付可能車両
BMW R1200GS(水冷モデル)、RnineT、S1000RR、S1000R、F800GT、F800GS、F700GS、K1600GT、K1600GTL
MV AGUSTA F3-800
MOTOGUZZI V7シリーズ、California1400

● 取付不可車両
R1200RT(水冷)、R1200R(水冷)、R1200RS(水冷)、S1000XR、F800R、C600S、C650GT

上記は弊社に直接確認を行った車種となっております。

取付出来ないモデルは、エアバルブキャップが横方向に取り出しているモデルとなっており、ブレーキキャリパーに干渉してしまう為です。

横方向に取り出しているモデルでも、ブレーキキャリパーが一回り小さい車種も有り、K1600GT、GTL等が横出しとなっておりますが、干渉しない例もございます。
気になる方は、弊社に展示用のエアモニがございますので、ご来店頂ければと思います。

価格は18,000円(税別)の商品代金のみにてお取付、単体での販売どちらも承ります。
(※アクセサリーのベルクロアタッチメントは900円税別です)

以上、【エアモニ バイク】のご紹介でした。
そのほか気になることがございましたら、サービスフロントの大津もしくは西田、常木まで!お電話、メールをお願い致します。
TEL.03-3630-9751
service_front@fukuda-motors.co.jp

後日改めまして、試乗車などでの使用をインプレッション致しますので、楽しみにお待ちください。


****************************************************************
2月から春のツーリングキャンペーンと題しまして、タイヤ&ドライブチェーン&バッテリーの割引サービスを行っております。
詳しくは下記のブログ記事をご覧ください。
http://blog.fukuda-motors.co.jp/article/433403296.html
****************************************************************続きを読む
posted by fukuda-motors at 19:02| サービス&フロント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月04日

春のツーリングキャンペーン

今季は比較的暖かい季節となりましたが、ここ暫くは寒波が続いておりましたので、みなまさいかがお過ごしでしょうか。
これからは気温も上がって過ごしやすくなるかと思われますので、ぜひバイクツーリングの計画など立てて頂ければと思います。

そんなツーリングサポートの為に、毎年恒例の春のキャンペーンを実施致します。
タイヤ及びRKエキセルのドライブチェーン、BMW純正バッテリーの特別価格キャンペーンです

***********************
キャンペーン詳細は以下の通りです!
***********************
◆対象期間:本日2月1日より4月末お申し込み分まで
◆対象車種:弊社取り扱い車両のみ
◆割引内容:

P2130589.jpg
@タイヤキャンペーン
タイヤ代を弊社通常価格から30%オフ致します。
12ヶ月点検、車検と同時の場合は、上記に加え取替工賃半額。

※タイヤの銘柄はDUNLOP、BRIDGESTONE、MICHELIN、PIRELLI、METZELERとさせて頂きます。
※タイヤのみの販売は致しません。ホイールのお持込みによる交換は工賃半額にて承ります。
※車種によってエアバルブ、チューブ等は別途有償にて必要となります。

P2100592.jpg
Aドライブチェーンキャンペーン
ドライブチェーン代を20%オフとさせて頂きます。
12ヶ月点検、車検と同時の場合は、上記に加え取替工賃割引。

※チェーンの銘柄はRKエキセルに限らせて頂きます。
※状態により前後スプロケットも別途有償にて交換をオススメ致しますので、ご相談下さい。

P2130594.jpg
Bバッテリーキャンペーン
BMW純正バッテリーに限り、定価から20%オフ
別途交換工賃がかかります。

※バッテリーに関しましては単体での販売も致します。

★ご利用の際の注意事項★
弊社では、タイヤは常に鮮度の良いものをご提供できるように、在庫をしておりません。
従いまして、タイヤ交換をご希望の際は、事前に銘柄などを決めて頂き、(わからなければご相談下さい!)お電話にてご予約下さい。タイヤは問屋に在庫がある場合、平日中1日で到着しますので、余裕をもってスケジュールを組んで頂ければ幸いです。

まずはサービスフロントの大津もしくは西田、常木まで!お電話、メールお待ちしております!
TEL.03-3630-9751
service_front@fukuda-motors.co.jp
posted by fukuda-motors at 15:35| サービス&フロント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月07日

9月2日のブログでご紹介いたしましたK1300Sカウルの補修費用について。

DSCN6467.jpg
K1300Sサイドカウルのダメージはシルバーとブラックの部分両方にキズが付いてしまい、
シルバーとブラックの境部分に凹み状の線キズや点キズがありました。
ブラック部分だけならばシルバー部分を温存して補修できたのですが、
今回は両方ともにキズがあったためシール部分も貼り替えています。
ということで、今回の補修に要した費用は以下の通りです。
K1300Sシール/15595円、再塗装費用/48600円、BMWエンブレム/4600円
合計で68795円となりました。(エンブレムは再使用可能でしたがお客様希望で交換)
補修費用で68795円は安価ではありませんが、仕上がり具合と新品部品190274円を
比較検討すると十分に納得できる費用だと思われます。
<<使用する色と切り替え数、キズの具合、シールの有無などで費用は変わります>>
posted by FMC BLOGAdmin at 11:00| サービス&フロント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月02日

8月7日のブログでご紹介いたしましたK1300Sのカウルが完成しました。

DSCN6468.jpg
弊社の連休直前にご依頼をいただきましたK1300Sのサイドカウル補修が
見事なまでに元の状態に戻って弊社に帰ってきました。
傷がなくなるのは当然で、グレーやブラックの色合いも少しの違いなく補修されています。
ほとんどの場合、純正塗装よりも表面の微細な凹凸がなくなるのでより綺麗に仕上がります。
この補修のコストがいくらだったのかはまた後日ご案内いたします。
posted by FMC BLOGAdmin at 19:58| サービス&フロント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月07日

K1300Sの左サイドカウルを弊社取引先の塗装会社にて補修します。

K1300S.jpg
K1300Sの左サイドカウルがキズついてしまったため再塗装にて補修いたします。
もし、黒色部分だけのキズならば灰色部分に手を加えることなく補修できるのですが、
シールが貼られた灰色部分にもキズがあるため全面を補修する必要があります。
このパネル一枚を全て塗るのでロゴシール(15595円)も必要になります。
仮に新品交換の場合は、この色の部品は190274円と結構いいお値段になります。
弊社取引の塗装会社では、納期約二週間で新品部品以上の仕上がりになります。
補修費用はキズの状態、ヒビの有無、使用する塗料、何色塗りか等で変わります。
補修が終わって弊社に戻ってきましたら再びご紹介いたします。
posted by FMC BLOGAdmin at 19:49| サービス&フロント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月09日

シート加工

お客様のご要望でシートを加工させていただきました。
と言ってもBMWではございません。お店の仕入れ用スーパーカブPRO110です。
IMAG0291.jpg
シートをアンコ盛り、シート表皮張替え&両サイドに刺繍で店名を入れさせていただきました。

皆様のシートにもいかがですか?
アンコ抜き、アンコ盛り、色替え、ツートンなど、ご相談お待ちしております。

ちなみにこのお店のページはこちらです。おいしいですよ!
posted by fukuda-motors at 17:40| サービス&フロント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月04日

サスペンション講習会 実施中!

027.jpg
あいにくの天気&事前告知不足でこじんまりとした講習になってしまいました。
ウィルバースの野道さんごめんなさい<(__)>

しかしながら、ご参加いただいた方は質疑応答しながらの有意義な講習となったのではと思います。
次回はもっとたくさんのお客様にご参加いただけるよう、準備したいと思います。
026.jpg
ご参加いただいたお客様、講習していただいた野道さん、ありがとうございました。029.jpg
posted by fukuda-motors at 11:40| サービス&フロント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月01日

4月4日(土)ウィルバース サスペンション講座開催!

昨日のブログで告知させていただきました、春の2時間試乗会と商談会に加えてイベントをもう一つ
併催でウィルバースジャパンさんのサスペンション講座を緊急開催いたします。

開催日時:2015年4月4日(土)11:00〜
備 考 :全メーカー共通の講座内容となります

普段あまり気にすることのないサスペンションの構造や役割など、大変興味深く、かつ分かりやすい内容の講座です。ぜひご参加ください。
時間は90分くらいの予定です。

事前申し込みは不要ですが、会場があまり広くないため、先着10名様程とさせていただきます。

ご来場お待ちしております。

先日、御納車させていただいたR1200GS-ADVにウィルバースサスペンション(ローダウン目的)
を装着させていただきました。
正直、ローダウンするとやはりパフォーマンスは下がってしまうのが通常多いのですが
ウィルバースさんのサスペンションはそれがなく、むしろ向上しておりました。
改めてサスペンションの重要性を考えさせられました。
              
Wilbers.pdf
posted by fukuda-motors at 09:45| サービス&フロント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする