RE.jpg

純正新品部品の店頭販売と通信販売をおこなっています。
取扱いメーカーはBMW.モトグッチ.トライアンフ.MVアグスタ.BRPスパイダー.アプリリア.
ロイヤルエンフィールドで、個人のお客様と販売店様いずれもお受けしております。
BMWからアプリリアまではメーカーとオンラインのため、メーカー在庫と最新価格が容易に確認でき
BMWのメンテナンス部品や用品などは常時在庫している物が多いのですぐにお送りすることも可能です。
お問い合わせ方法は電子メール、FAX、電話のいずれでも可能です。


福田モーター商会は平成26年2月に
渋谷区笹塚から江東区佐賀へ移転いたしました。

新店舗の情報は以下のとおりです。
〒135-0031 東京都江東区佐賀1丁目4−9(永代橋直近)
電話(営業・工場)03-3630-9751・(部品)03-3630-9755.FAX 03-3630-9754
定休日(毎週月曜日、第一火曜日)と営業時間(AM9:15〜PM6:00)

2016年03月30日

エンジンの中の調整作業について

オイル、ブレーキフルード、エアフィルターなど、走行距離や年月が経つと劣化してしまう物の交換は気になさるお客様はいらっしゃいますが、その他にもエンジンの調整部分などもメーカー指定の走行距離にて点検と調整を行う必要があります。
本日は、そんな工場の整備作業の一部をご紹介です。

P3300813.jpg

▲ボクサーエンジンのヘッドカバーを外した状態です。

エンジンは、中の燃焼室でガソリンと空気が混ざった混合気を燃やし、燃えた際の爆発力をピストンの上下動させる力とします。
それを回転運動に変えることによって最終的にはタイヤを回す力としていますが、混合気と燃えた後の排気ガスを適切なタイミングで燃焼室から入排出することは、エンジンの力や環境に大きく影響します。
その部分は「バルブクリアランスの点検、調整」という作業にて行っており、BMWの推奨では20,000Kmとなります。
(メーカーやエンジンによって推奨の距離は違っており、自分はやってないかもと思われる方は、少なくとも定期点検をご依頼頂いているお客様には弊社から案内しておりますので、ご安心下さい。)

P3300815.jpg
▲中身は金属歯車や加工された部品でぎっしり詰まっております。

P3300817.jpg
▲具体的にはこの金属同士が接触している隙間を点検します。

P3300827.jpg

P3300829.jpg

隙間を測るシックネスゲージという工具を使い、どのくらいの隙間かによって調整しますが、今回の場合は4か所あるうちの1か所だけ調整が必要でした。

P3300830.jpg

P3300833.jpg

部品を外し、厚さ違いのシムを入れ替えることにより、隙間を調整します。

P3300842.jpg
▲入っていたシムのサイズをマイクロメーターという工具で確認しています。

P3300825.jpg

P3300840.jpg

数ミリ刻みのシムの中から、適切なサイズを選び、入れ換えた上で再度組み上げます。
組み上げ終わったらもう一度隙間を測り、きちんと適正な値になっていれば完了です。

この車両はさらに各部点検の後にテスト走行を行い、調子良くなるまで仕上げます。

最近エンジンの音が気になる等、今回ご説明した調整が必要な場合や、単純にオイル劣化が原因の場合もございますので、お気軽に点検にお持込ください。

連絡はサービスフロントの大津もしくは西田、常木まで!お電話、メールをお願い致します。
TEL.03-3630-9751
service_front@fukuda-motors.co.jp
****************************************************************
2月から春のツーリングキャンペーンと題しまして、タイヤ&ドライブチェーン&バッテリーの割引サービスを行っております。
詳しくは下記のブログ記事をご覧ください。
http://blog.fukuda-motors.co.jp/article/433403296.html
http://blog.fukuda-motors.co.jp/article/435576662.html
****************************************************************
posted by fukuda-motors at 19:37| サービス&フロント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする